「ハイジニーナ」という言葉、最近よく耳にするようになってきました。

海外のモデルやセレブたちの間では、もはや常識となりつつある”ハイジニーナ”とは、ずばり、陰毛をすべて処理している、という意味です。

ハイジーン=衛生的、という意味を持つ「ハイジニーナ」ですが、衛生面では勿論、ファッションの面においてもメリットの多いスタイルだといえます。

いろいろなスタイルの下着や水着なども、ムダ毛を気にする事なく着用できますし、お洒落の幅も広がってきますよね。

また、陰部の毛を処理している事で、特に生理中の不快感が軽減され、常に清潔な状態を保つ事が出来るなど、非常に衛生的です。

脱毛サロンでもデリケートゾーンの脱毛が珍しくはなくなっている昨今、その施術を受ける女の子も年々多くなっているようです。

サロンでの脱毛コースでは、VIO脱毛、またはハイジニーナ脱毛と表記されます。

日本では、海外のようにハイジニーナ脱毛がまだまだ一般的とは言えず”無毛な状態が恥ずかしい”と感じる女性も多いです。

ですので、日本では、女性器周りの脱毛「Iライン」、肛門の周辺「Oライン」をすべて処理し、Vラインのみ綺麗に形を整える・・・というスタイルが一般的です。

IOラインのムダ毛を処理しているだけでも、非常に衛生的である事は確かですし、なによりこのゾーンのムダ毛を自分で処理するのは難しいですよね。

デリケートゾーンのサロンでの脱毛を恥ずかしいと感じる女性も多いようですが、プロは慣れていますし、手早く処理してくれますので不安に感じる事はありません。

何より施術をすませておけば後々快適ですので、かなりお勧めしたい脱毛箇所です。人気の脱毛エステサロンのサイトを参考に、自分にあったエステを探してみましょう。

Comments are closed.